札幌市中央区の産婦人科「ネオクリニック」

完全自由診療の札幌中央区の婦人科。ピル処方/緊急避妊対応

性病治療薬のご説明

ジスロマックの効果や副作用

ネオクリニック

札幌の婦人科「ネオクリニック」です。
ジスロマックはクラミジア感染症の治療の第一選択薬です。クラミジア感染症はあまり自覚症状がないことから発見が遅れてしまうこともあります。そのため、産婦人科などでの定期検診で見つかるケースも少なくありません。札幌市内の保健所でも性病の検査ができますので、気になる方はぜひ性病の検査を受けてください。もしも感染が見つかった場合はすぐにお薬の服用によって治療を始めます。感染がひどい場合はジスロマックの注射をすることも。自覚症状が少ないもの時には子宮や卵管に炎症を起こしてしまうこともあるのです。

そんなクラミジア感染症の治療薬としてジスロマックが最も多く使用されているのにはきちんとした理由があります。その理由とは効果の高さ、服用のしやすさ、そして副作用の少なさです。ネオクリニックでもクラミジア感染症の治療薬としてジスロマックを採用しています。それでは効果や副作用について詳しく見ていきましょう。

ジスロマックの効果

ジスロマックがクラミジア感染症の治療薬として多く選ばれているのはその効果の高さからです。ジスロマックを服用した多くの方がクラミジア感染症が治癒しています。 これだけの効果があるためアレルギーなどがない限りは基本的にジスロマックを使って治療を進めていきます。

ジスロマックはアジスロマイシンという成分のお薬です。マクロライド系という仲間の抗生物質に分類されます。マクロライド系のお薬は細菌がたんぱく質を合成するのを抑えて増殖を抑制します。たんぱく質を合成できなくなると増殖できなくなるので、結果として細菌をやっつけることができます。

高い殺菌効果を持っていることからクラミジア感染症以外の疾患にも多く用いられます。代表的なものだとリンパ節炎や、急性気管支炎、肺炎などです。多くの疾患で使われているのは効果の高さもありますが、その使いやすさにもあります。他の抗生物質と違うのは圧倒的にジスロマックの効果の持続時間が長いということ。1回服用するだけで約7日間、効果が続くとされています。 これなら飲み忘れが多い方でもきちんと原因菌を殺菌することができます。実は一般的な抗生物質だと1日に3回、しかも数日間飲み続ける必要があるため多くの方がどこかで飲み忘れてしまいます。飲み忘れによって十分な治療効果が出ないだけでなく、抗生剤が効かない耐性菌を増やしてしまうことにもつながります。

もう1つ忘れてはいけない特徴があります。それはジスロマックが二次感染の予防をする効果もあるという点です。二次感染とは最初にある菌に感染したあとすぐにまた別の菌に感染してしまうことです。クラミジア感染症のように性病になる方は免疫力が低下している方が多いです。疲れがたまったときに体調を崩しやすいのと同じですね。このような方は続けて他の感染症にかかりやすい状態なのです。ジスロマックは再び別の感染症にかかるリスクも下げる効果があります。

ジスロマックの副作用

ジスロマックの副作用として最も頻繁に見られるのは下痢の症状です。ジスロマックを服用した患者さんの約10人に1人が副作用を経験しています。その副作用の中で最も多いのが下痢なのです。ジスロマックは人の体には攻撃せずに細菌だけをターゲットにして働くようにできています。しかし残念ながら腸内細菌まで攻撃してしまうため、腸内バランスが崩れて下痢を起こしやすくなってしまいます。下痢が起こりやすいのは何もジスロマックだけでなく、抗生物質全般に言えることです。ビオフェルミンRやミヤBMといった抗生物質に強い整腸剤を一緒に飲むことで下痢の症状はいくらか抑えることが可能です。抗生物質の中には副作用の頻度が高く、服用した人の約3人に1人が何かしらの副作用を感じるものもあります。そういったものと比べるとジスロマックの副作用の頻度はとても低いのです。

下痢以外の副作用としては腹痛や吐き気、胃の不快感などがあります。こちらも抗生物質全般で良く見られる副作用です。抗生物質はどうしても胃腸の症状を来しやすい特徴があるため仕方のないことではあります。こういった副作用はジスロマックを飲んだ当日に最も起こりやすいです。飲んですぐに症状が現れることはありませんが、数時間後くらいから下痢や腹痛が起こることがあります。1度飲むだけで7日間もの間効果が続くため、ジスロマックの効果が続いている期間は副作用が何日も続く恐れがあります。日が経つごとに副作用の症状が出にくくはなりますが、どうしてもつらい場合は遠慮なくご相談ください。

もともと胃腸が弱い方は下痢や腹痛などの副作用が出やすくなる傾向にあります。そのような方は服用回数を3回に分けることで副作用を軽減させることができます。分けて飲んでもきちんと7日間効果が続きますのでご安心ください。3日間飲むという手間ができてはしまいますが胃腸が弱い方はこちらの方法をおすすめします。飲み方についてはお気軽にご相談いただければと思います。

ジスロマックに関する情報はこちら

この記事の執筆者

宿田 孝弘

宿田 孝弘 ネオクリニック 院長

ネオクリニック院長の宿田孝弘です。私たちのクリニックはとても小さなクリニックですが皆様にとってのコンビニクリニックになれるように努力しますのでよろしくお願いします。