札幌市中央区の産婦人科「ネオクリニック」

完全自由診療の札幌中央区の婦人科。ピル処方/緊急避妊対応

性病治療薬のご説明

ジスロマックの飲み方

ネオクリニック

札幌の婦人科「ネオクリニック」です。
ジスロマックは少々飲み方が変わっているお薬です。他の抗生物質のように毎日飲み続ける必要がありません。また、飲み方に気をつけないと殺菌効果が大きく変わってしまうお薬でもあります。
性病の治療をしっかり行い、きちんと治癒するためには正しい飲み方を知っておく必要があります。ジスロマックを飲まれる前に一度飲み方を確認しておきましょう。

ジスロマックの飲み方

ジスロマックは冒頭でもお伝えした通り、少し変わったお薬です。そのため飲み方をしっかり確認しておく必要があります。
ジスロマックの錠剤は1回だけ服用する方法と、3日にかけて飲んでいく方法とがあります。どちらの方法を取るかで飲む量が少し変わりますのでご確認ください。

1日だけ服用する場合

1回の服用で治療を済ませる場合はジスロマックを1度に1000mg服用します。ジスロマック錠250mgを4錠飲むとちょうど1000mgです。ジスロマック錠250mg 4錠をお水で服用します。産婦人科や泌尿器科によってはその場ですぐにお薬を飲んでもらう場合もあります。

3日かけて服用する場合

間続けて飲む場合はジスロマックを1日に500mg飲む必要があります。これを3日繰り返すので全部で1500mg飲みます。つまりジスロマック錠250mgを1日に2錠という飲み方を3日間続けます。

ドライシロップを使う場合

ドライシロップを服用する場合はお薬を水に溶かしてシロップ状にしてから飲む必要があります。ジスロマックSR成人用ドライシロップ2gを服用するタイミングで60mlのお水に溶かして1度だけ服用します。

注射剤を使う場合は自分でお薬を準備することはないので病院側に任せてください。ドライシロップタイプのジスロマックは食後に飲むことで効き目が悪くなってしまうお薬です。食事をしてしまった場合は2時間以上経ってから服用します。また服用後2時間も食事を避けます。溶かした後の見た目は牛乳のような感じですが、味の感じかたに個人差はありますが、一般的には杏仁豆腐に似たような味とされています。

間にわけて飲む場合はできるだけ毎日同じ時間に飲みます。そうすることでお薬の血中濃度が一定に保てるため十分な効果を発揮しやすくなるためです。さらに同じ時間に飲むようにすることで飲み忘れを防ぐことができます。

万が一飲み忘れに気がついた場合はすぐに忘れていた分を飲んでください。ただし、飲み忘れてから1日以上経ってしまった場合、また次の服用時間まであまり時間がない場合は飲まずにネオクリニックまでご相談ください。

ジスロマックに関する情報はこちら

この記事の執筆者

宿田 孝弘

宿田 孝弘 ネオクリニック 院長

ネオクリニック院長の宿田孝弘です。私たちのクリニックはとても小さなクリニックですが皆様にとってのコンビニクリニックになれるように努力しますのでよろしくお願いします。