札幌市中央区の産婦人科「ネオクリニック」

完全自由診療の札幌中央区の婦人科。ピル処方/緊急避妊対応

ピルのご説明

処方薬「ファボワール」のご説明

ネオクリニック

札幌の婦人科「ネオクリニック」です。当院では、経口避妊薬(飲むタイプの避妊薬)として低用量ピルである「ファボワール」を処方しています。
処方されている経口避妊薬は数多くありますが、患者さんの利用目的や体質に合わせて処方しているお薬です。今回はネオクリニックでも取り扱っているピル処方薬の「ファボワール」をご説明いたします。

ファボワールとは

ファボワールは先発薬であるマーベロンと同様に「避妊」目的で使用されるお薬で、飲み忘れなく正しく経口摂取をすることで、 高い確率で避妊することが出来ます。

ファボワールは「ファボワール21」、「ファボワール28」の2種類があります。どちらも避妊の効果は変わりませんが、錠剤数が21錠と、プラセボ錠を含む28錠とファボワール28の方が、錠剤数が多くなります。飲み続ける日数が違うため自分のライフスタイルに合わせて選択しましょう。

ファボワールの効果

ファボワールの効果は避妊効果の他に、大人ニキビ改善の効果があります。

ファボワールはピルに含まれる「黄体ホルモン」という生理前に活発に働くホルモンが含まれており第3世代1相性のピルで他のピルと比べると比較的副作用が少ないお薬ですが、体質によってはむくみが起こりやすいこともありますので主治医と相談し選択しましょう。

避妊効果

ファボワールは第3世代1相性のデソゲストレルやゲストデン、エチニルエストラジオールの新しい黄体ホルモン剤を有効成分とした避妊薬です。

第3世代は第2世代で強くなってしまった男性ホルモンの作用を低減させるために開発されたもので、黄体ホルモンの作用をさらに強くすることで男性ホルモンの働きを抑えています。

避妊効果としては、正しく服用を続けることで卵胞の発育を抑えて排卵を抑制し、子宮内膜の肥厚を抑制することで着床を阻害する働きをします。また、子宮頸管粘液(おりもの)の粘性や成分を変化させることで、精子が頸管から子宮へ届きにくくなる働きによって妊娠を防ぎます。

1相性は錠剤に含まれるホルモン量が同じで継続服用で効果を発揮するお薬です。

ニキビ改善効果

ファボワールは第3世代のピルで男性ホルモンの働きを抑制することから、肌の余分な皮脂の分泌を抑えニキビを改善する効果が期待できます。

ファボワールは1相性の低用量ピルですので、ファボワール21であれば21錠のすべてが同じホルモン量になり継続して皮脂分泌を抑えることができますので、大人ニキビに悩んでおり避妊したいと考えている人にはニキビ改善の効果も期待できます。

副作用について

ファボワールは比較的副作用の少ないピルですが、全てのお薬には必ず副作用があることを理解しておきましょう。

ファボワールは不正出血、乳房の痛み、頭痛、気分不良、吐き気、嘔吐などの症状や神経系からくる不安感、イライラなどの症状が現れることがあり、特にファボワールの服用を開始した初期にこれらの症状がみられる場合があります。

副作用が強く現れる、薬が合っていないと感じる場合には主治医に相談しましょう。

ファボワールの価格

ネオクリニックでのファボワールの価格は

ファボワール 2,500円/1シート

となっています。

ファボワールの飲み方

ファボワールは「ファボワール21」と「ファボワール28」があり、どちらも28日でひとつの周期になり1シートが1つの周期分になります。

休薬期間である最後の7日の飲み方がファボワール21と28で異なるため、1周期それぞれの服用の仕方を理解しておきましょう。どちらも服用開始は生理が始まった日(生理1日目)で、決まった時間に飲むようにしましょう。

ファボワール21 

ファボワール21の錠剤は白色で、21錠で1シートの低用量ピルになります。1番と書かれている錠剤から飲みはじめ、1日1錠で21日間服用していきます。

ピル服用中の期間は生理周期を28日周期としていますので、残りの7日は休薬期間でお薬を飲まない期間となります。

21日間は薬を服用する期間、残りの7日は薬を飲まない期間で1周期と考え、避妊を続けたい期間まで服用を続けることで避妊効果を得ることができます。

ファボワール28

ファボワール28は白色の錠剤が21錠、緑色のプラセボ錠が7錠の全28錠で1シートの低用量ピルになります。

白色の21錠には「ファボワール21」と同様の有効成分が含まれており、すべて同じのホルモン量が含まれています。緑色の7錠はプラセボ錠といって有効成分は入っていない錠剤で、休薬期間を取らないため休薬期間後の飲み忘れを防止するために服用する目的で作られたものです。

生理が始まった日から飲みはじめ1番から順に28番までの服用を続け、避妊を続けたい期間まで服用を続けることで避妊効果を得ることができます。

飲み忘れた時は?

ファボワールはシートに番号が割り振ってあるため、比較的飲み忘れを防ぎやすい仕様になっています。

しかし、忙しかったり忘れていたりして飲み忘れてしまった場合には、前回の服用から24時間以内の場合には飲み忘れた1錠を服用し、いつもの時間に当日分も服用しその後も服用を続けましょう。

前回の服用から24時間以上たっている場合は、避妊効果は無くなってしまいますので、服用を中止し消退出血(生理出血)を待って、新しいシートの1番目から新たに服用をスタートしましょう。

こういう方にファボワールがお勧め 

ファボワールを選択する際は、医師と相談して体質や利用目的に合ったものなどを選択することが大切ですが、特に以下のような方にオススメできる経口避妊薬です。

ただし、服用して副作用が強く出る場合や自分に合っていないと感じる場合には服用を中止し、医師に相談しましょう。

長期的に避妊をしたい方

ファボワールはマーベロンのジェネリック医薬品であることから、マーベロンと同様の効果や有効成分を持っていますが薬の値段が、マーベロンより安価であることが特徴です。

経口避妊薬は継続して服用を続けることで効果を発揮するお薬ですので、金銭的な負担がどうしても大きくなってしまいます。長期的に服用を続ける方には一般的にマーベロンよりも安いとされているファボワール がお勧めです。

大人ニキビにお悩みの方

ファボワールは避妊効果の他に、ニキビ改善に効果があるお薬です。従来の経口避妊薬に比べて男性ホルモンの働きが弱いためニキビや脂漏を抑える 効果が特徴となっております。

ファボワールは1相性の錠剤のホルモン量が一定であるため継続的に余分な皮脂の分泌を抑制しますので、この間に正しいスキンケアを行うことで、さらにニキビの改善に繋がるとされています。

不正出血を起こしにくい

ファボワールは第3世代のピルで、黄体ホルモン活性の作用と子宮内膜活性の作用が強いことで1相性のピルでありながら不正出血を起こしにくい避妊薬です。

ファボワールを初めて服用する場合には相対出血や不正出血が見られることがありますが、2シート、3シート目と服用期間が長くなるにつれて不正出血を起こしにくくなります。

この記事の執筆者

宿田 孝弘

宿田 孝弘 ネオクリニック 院長

ネオクリニック院長の宿田孝弘です。私たちのクリニックはとても小さなクリニックですが皆様にとってのコンビニクリニックになれるように努力しますのでよろしくお願いします。