札幌市中央区の産婦人科「ネオクリニック」

完全自由診療の婦人科。ピル処方/緊急避妊対応
性病治療薬のご説明

処方薬「フラジール膣錠」のご説明

ネオクリニック

こんにちは、札幌市中央区の婦人科「ネオクリニック」です。あなたは膣内や外陰部にかゆみや痛みを感じたり、おりものの様子がいつもと違っていたりという悩みを抱えていませんか。それはもしかしたら、トリコモナス膣炎や細菌性膣症といった微生物による病気によるものかもしれません。
トリコモナス膣炎や細菌性膣症は日常生活ではあまり聞かない病名かもしれませんが、放っておくと症状がひどくなってしまう可能性がある怖い病気です。一時的に症状が治まったとしても何らかのきっかけで再発してしまったり、周りの人にも感染してしまう可能性があります。特にこれらの病気は症状を見ただけではどの病気であるかの判断が難しく、他の病気が原因であったり、合併して発症している可能性もあります。何か異常を感じた場合は、1人で悩まずお近くの医師に相談するようにしてください。トリコモナス膣炎や細菌性膣症は原因が特定できれば、薬の処方で治すことができる病気です。早めに医師に相談をして、早期に治すように心がけましょう。

今回はそのトリコモナス膣炎や細菌性膣症の治療薬である「フラジール膣錠」についてご紹介します。

フラジール膣錠とは

フラジール膣錠はトリコモナス膣炎や細菌性膣症といった治療に使用される性病治療薬の一種です。トリコモナス膣炎はトリコモナス原虫という肉眼では確認できない小さな原虫が膣に入り込み、炎症を起こす病気です。主に性交渉で感染しますが、下着やタオル、便器や浴槽といった感染経路があり、性交渉がない場合でも感染するため注意が必要です。感染すると悪臭の強い泡状のおりものが増加したり、膣内や外陰部のかゆみや痛みを発症します。トリコモナス原虫は症状のない感染者もいると言われており、治療せずに放っておくと炎症が広がり、最悪の場合不妊症などを招く可能性もあります。症状を自覚したらすぐに産婦人科を受診し、早めに治療をするようにしてください。

また、トリコモナス原虫は膣だけではなく子宮入り口の子宮頸管、膀胱、尿道へも感染するため、症状が出にくい男性がトリコモナス感染を起こしている場合もあります。女性のトリコモナス膣炎が完治した場合でも、パートナーである男性が感染している場合は再感染の恐れがあります。女性が性交渉によって感染した可能性がある場合は、パートナーの男性も泌尿器科などで検査をしてもらうことが大切です。

細菌性膣症はトリコモナス膣炎のように特定の原因微生物による病気ではなく、膣内に存在する常在菌のバランスが崩れることで起こる病気です。発症すると膿状のおりものが増えたり、膣内や外陰部のかゆみや痛みが生じます。細菌性膣症の原因は風邪や寝不足、過度のストレスで身体の免疫力が落ちていたり、生理などで身体のホルモンバランスが崩れたりすることだと言われています。そのため、身体の状態が回復すると症状が治まりやすく自覚症状がないままに治ってしまうこともあります。しかし、膣や外陰部のかゆみや痛みの原因が細菌性膣症であるかは産婦人科での検査でしか分かりません。細菌性膣症はトリコモナス膣炎と合併して発症することもあるため、何らかの症状を自覚した場合には自己判断で解決せず医師に相談することが大切です。

フラジールは膣に直接挿入して使用する膣錠の他に、飲み薬の内服薬も存在します。内服薬は普段の飲み薬と同様に摂取できる利点がありますが、体内に成分を取り込むため他の薬剤との飲み合わせが困難であったり、胎児や新生児、乳児への安全性が明確にされていないことから、妊娠初期の妊婦や授乳婦への使用が控えられる傾向にあります。その点、フラジール膣錠は内服薬と比べて胎児や新生児、乳児には影響を及ぼさないという報告がされており、妊婦や授乳婦の方にも安心して使用していただけます。

フラジール膣錠の効果・副作用

フラジール膣錠はトリコモナス膣炎や細菌性膣症に効果を発揮する薬剤です。フラジール膣錠に含まれるメトロニダゾールという有効成分がトリコモナス原虫や細菌の中に入り込み、ニトロソ化合物という物質に変化します。このニトロソ化合物がトリコモナス原虫や細菌のDNAを切断することでトリコモナス原虫や細菌は身体の構造が不安定になり死滅します。フラジール膣錠には、膣内のかゆみ、膣壁充血などの刺激感、発赤といった副作用が確認されています。このような症状があらわれた場合には使用を中断し、医師の診療を受けるようにしてください。これらの副作用は今までに起こった全ての副作用を網羅しているわけではありません。これらの症状以外にも気になる症状が出た場合は医師または薬剤師に相談するようにしましょう。

フラジール膣錠の使用経験があり、その際にトラブルがあった方は使用を避けるようにしてください。また、フラジール膣錠以外でも薬剤による副作用を経験されている方はその旨を担当の医師や薬剤師に伝えておくようにしましょう。他に薬剤を服用する場合、お互いに作用を強めたり弱めたりする成分が入っている場合もありますので、市販薬を含めてその旨を担当の医師や薬剤師に伝えておくようにしてください。

フラジール膣錠の価格

ネオクリニックでのフラジール膣錠の価格は

フラジール膣錠 100円/1錠

となっています。

フラジール膣錠の使用方法

フラジール膣錠は通常1日に1回、1錠を膣内深部に挿入します。使用前に手や指をきれいに洗い、清潔にするように心がけましょう。水分と反応して発泡する薬剤ですので、薬剤を取り出す際には濡れた手で薬剤を扱わないように注意してください。外陰部を清潔にした後、人差し指と中指でフラジール膣錠をはさむか、あるいは人差し指の頭にのせて深く膣内に挿入します。通常の1日1回の使用であれば就寝前に使用します。身体が横になっている就寝中は薬剤が出てきてしまう可能性が低く、薬剤の効果が長く続くためです。就寝前以外で担当の医師や薬剤師から指定された時間帯がある場合には指示に従って使用するようにしてください。また、薬剤が出てきてしまうのを防ぐため、挿入後20分から30分は激しい運動は避けるようにしましょう。

フラジール膣錠の一般的な使用期間は、トリコモナス膣炎の場合は10日から14日間、細菌性膣症であれば7日から10日間です。必要に応じて使用期間を延長することがあります。医師や薬剤師から指示された期間、継続して使用しても症状の改善が見られない場合は、必ず再度医師の診療を受けるようにしてください。また、症状が改善されたからといって自分の判断で使用を中止せず、医師や薬剤師から指示を受けた期間は使用を続ける必要があります。トリコモナスや細菌はたとえ症状が治まったとしても膣内に残っている可能性があります。再発防止のためにも、医師や薬剤師から指示された期間は必ず使用を続けるようにしてください。

フラジール膣錠は生理中にも使用することができます。特にトリコモナス原虫は血液を好み、生理中でも増殖する可能性があるため、薬剤の使用途中で生理が開始しても続けて使用するようにしてください。薬剤の使用中にタンポンを使用してしまうと薬剤がタンポンに吸収されてしまいますので、タンポンの使用は避けるようにしましょう。
保管場所は直射日光や高温多湿を避け、包装のまま室温で保管してください。内服薬ではありませんので、他の内服薬と混ざらないよう注意して保管するようにしましょう。特に乳幼児は誤飲の可能性がありますので手の届かないところに保管するようにしてください。

この記事の執筆者

宿田 孝弘

宿田 孝弘 ネオクリニック 院長

ネオクリニック院長の宿田孝弘です。私たちのクリニックはとても小さなクリニックですが皆様にとってのコンビニクリニックになれるように努力しますのでよろしくお願いします。