札幌市中央区の産婦人科「ネオクリニック」

完全自由診療の札幌中央区の婦人科。ピル処方/緊急避妊対応

ピルのご説明

マーベロンの飲み方

ネオクリニック

こんにちは、札幌の婦人科「ネオクリニック」です。
マーベロンには「マーベロン21」と「マーベロン28」があります。両者の違い、それぞれの基本的な飲み方、飲み忘れた場合の対処法についてこれから説明いたします。

基本的な飲み方

マーベロン21は1枚のシートに21錠が並べて入っています。
1日1回、1錠を21日間、連続して飲みます。その後、7日間、休薬し、29日目から新しいシートの錠剤を21日間、飲んでいきます。飲む時間は朝昼夕、いつでもいいのですが、なるべく24時間間隔になるように朝,飲んだら、次の日も朝、飲むようにしましょう。

マーベロン28は1枚のシートに28錠が並べて入っています。1日1回、1錠を21日間飲み、毎日、同じ時間帯に飲むところまではマーベロン21と同じです。

マーベロン28は、マーベロン21の休薬期間(7日)に相当する期間も錠剤を飲みます。この錠剤は全くの無害で薬効成分が入っていない偽薬です。そのため、休薬期間はなく、29日目から再び、新しいシートの錠剤を飲み始めます。
飲み遅れる不安がある方には、マーベロン28がお勧めです。

飲み始める時期

マーベロン21もマーベロン28も月経開始日から飲み始めます。万が一、月経開始日に飲み遅れた場合、気付いて飲み始めた日から、7日間は別の避妊法も併用して、確実に避妊しましょう。

飲み忘れに気付いた時

飲んでいなかったことに気付いたのが、飲む予定時間から24時間以内であれば、気づいた時点ですぐに飲みます。そして次に飲む予定の錠剤も予定時間がきたら飲みます。
従って、この時だけ、1日2回、飲むことになります。

次は飲み忘れに気付いた時、24時間以上経過していた場合です。この場合もう、薬は飲みません。次の月経開始日まで待って、新しいシートから飲み始めます。
マーベロンを飲んでいない期間は、別の避妊法で対応しましょう。

マーベロンを飲んでいる期間中にトラブルが起きた場合

マーベロンを飲む期間中に嘔吐や下痢が数日、続いた場合、マーベロンの吸収度合いが少なくなっていることが考えられるため、別の避妊法と併用しましょう。
また、飲んでいる期間に不正性器出血がみられることが時にあります。この出血のほとんどが自然に消失しますが、消失せず、出血が続くようであれば、悪性腫瘍のことも考えて細胞診などの検査をしてもいましょう。

その他、2周期(56日分)続けて生理(消退出血)がなければ、妊娠の可能性も考える必要があります。
すぐに飲むのを中止し、妊娠していないことが判明してから、再び飲み始めましょう。

マーベロンに関する情報はこちら

この記事の執筆者

宿田 孝弘

宿田 孝弘 ネオクリニック 院長

ネオクリニック院長の宿田孝弘です。私たちのクリニックはとても小さなクリニックですが皆様にとってのコンビニクリニックになれるように努力しますのでよろしくお願いします。