札幌市中央区の産婦人科「ネオクリニック」

完全自由診療の札幌中央区の婦人科。ピル処方/緊急避妊対応

ピルのご説明

処方薬「トリキュラー」のご説明

ネオクリニック

札幌の婦人科「ネオクリニック」です。
ここでは、ピルをすでに飲んでおられる、あるいはこれからピルを飲もうとお考えの人に向けてピルの代表的な製品「トリキュラー」の「効果」「価格」「飲み方」などを解説いたします。

トリキュラーの効果

トリキュラーはピル(経口避妊薬)です。経口避妊薬には、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが入っています。
卵胞ホルモンの種類はどれも同じで、黄体ホルモンの種類の違いによって第1~第4世代まであります。トリキュラーは第2世代の経口避妊薬です。
第2世代に使用されている黄体ホルモンは、「レボノルゲストレル」です。

次は卵胞ホルモンに注目してみます。
トレキュラーに使われている卵胞ホルモンは、エチニルエストラジオールです。
ピルはピルの中に含まれる卵胞ホルモンの量で「高~超低用量」に分類されています。トリキュラーに含まれる卵胞ホルモンは低用量に相当し、低用量ピル(50~30µg/錠)と呼ばれています。
トリキュラーは、さらに3相性ピルとも言われています。

3相性ピルとは?
ピルには1相性と3相性があります。
21日間、ホルモン配合比率が同じ錠剤を飲むのが1相性ピルです。3相性ピルは21日の間に配合比率を変えた3つの錠剤を飲み分けます。
3相性ピルは飲み方が複雑そうに見えますが、飲み間違いを少なくする為に、錠剤にはしっかりと色分けしてあります。

以上をまとめますと、トリキュラーは「低用量ピル」「第2世代」「3相性ピル」ということです。
では、トリキュラーはどのような働きで避妊を成功させるのでしょうか?

トリキュラーの作用機序

トリキュラーには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという女性ホルモンが含まれています。
これらのホルモンは元々、成熟した女性の体内にあるものです。
身体の成長と共にこれらの2つのホルモンが体内で作られ、分泌されていきます。
そして、生理がきたり、妊娠が可能になったりするわけです。このホルモンは成熟した女性は元々、体内にあるものです。

健康な女性であれば、すでにこれらのホルモンは存在するにもかかわらず、薬(トリキュラー⦆として体内に入れるわけです。
薬としてこれらのホルモンが体内に入ったことを一番にキャッチするのは、「脳」です。
脳は身体の中の司令塔のような役目をします。
ここで言えば、脳は女性ホルモンの量を調整します。
たとえば、体内の女性ホルモンが少なくなると、「そろそろ、ホルモンを出して(分泌)ください」と女性ホルモンが作られる卵胞に指令(刺激)を出します。これを合図に卵胞は成熟し、エストロゲンという卵胞ホルモンを分泌します。成熟した後、今度はプロゲステロンという黄体ホルモンを分泌します。
これは何をしているのかというと、妊娠の準備をしているわけです。子宮内膜を厚くしてフカフカのベッドを作り、そこに大事な受精卵を着床させるのです。

随分、前置きが長くなってしまいました。やっとトリキュラーの出番です。
つまり、妊娠するためには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという女性ホルモンの動きが必要ということです。
また、先程、脳は女性ホルモンの量が減ると、増やしててくださいと指令を出すとお話しましたね。
この2つの女性ホルモンが入ったトリキュラーが体内に入れば、体内の女性ホルモンは減らずに一定量を保ったままになります。
そのため、脳は卵胞が成熟していると考え、「出して(分泌)」と指令を出す必要がありません(排卵抑制)。
ということは、女性ホルモンを出すために「卵胞が成熟する必要もなければ、子宮内膜を厚くしてフカフカのベッドを作る必要もないわけです。
つまり、身体の外から、トリキュラーに含まれる2つの女性ホルモンを入れてしまうことで、「妊娠しない」ということになります。

卵胞の成熟はストップ、そのため、子宮内膜は厚くならないという状態をトリキュラーが作りだすわけです。
この他に、放出された精子が子宮に入れないようにする働もあります。

トリキュラーの価格

ピルは医師の処方によって入手できる薬です。そのため、ドラッグストアなどで自由に買うことはできません。
また、疾病ではないため、保険は適用されません。保険適用外で医師から治療を受けることを「自由診療」といいます。
自由診療は全額負担、100%支払いとなります。

避妊のためにピルを処方してもらおうと病院に行くと、処方前に諸検査を受けることになるはずです。
ピルによる副作用出現など、有害な症状を極限に抑えるため、あるいは隠れた病気を発見するためでもあります。
従って、病院に支払う金額はトリキュラーなどの薬代だけでなく、診察代や検査費用も含まれます。病院によって検査の仕方や種類も異なり、かかる費用も病院によってマチマチです。
ネオクリニックでのトリキュラーの価格は

トリキュラー 2,500円/1シート

となっています。

トリキュラーの飲み方

トリキュラーは3相性ピルなので、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合比率の違う錠剤が3種類あります。錠剤ごとに、色分けしてあります。
面倒な気もしますが、この工夫によって卵胞ホルモンの総量を減らすことに成功しています。
また、ピルを飲み始めると、よくある不正性器出血も減少したといわれています。

トリキュラーには、トリキュラー21とトリキュラー28があります。どちらも基本的に飲み方は同じです。

トリキュラー21

21錠が一枚のシートになっています。シートは、赤褐色が6錠、白色が5錠、淡黄褐色が10錠、計21錠の構成です。
1日1錠、飲むので21日分ということになります。21日後は7日間、休薬し、29日から同様に再開します。
1日のうちいつ飲んでもいいのですが、飲む時間を決めておき、できるだけ24時間間隔に近づけます。

トリキュラーを飲み始める時期
「公的(WHOなど)なガイドラインとトリキュラーの製造元であるバイエル(添付文書)とでは取扱いにおける注意点に差があります。
最終的にはどちらが正しいというのではなく、トリキュラーを処方する医師が今までの経験や見解から判断するものであるということをつけ加えておきます」

トリキュラーの添付文書によると、生理開始日から飲み始めます。ただ、公的ガイドラインによると、生理開始日から5日以内までは排卵率に有意差が見られないということから、生理開始日から5日以内であればいいとなっています。
イギリスの産科婦人科学会のガイドラインでも生理が始まって5日以内にピルを飲み始めたのであれば、コンドームなどの追加避妊法は必要なしとしています。この見解はWHOの見解と同じといわれています。
生理開始日から5日過ぎて飲み始めたのであれば、コンドームなどによる避妊法を追加するか、7日間は性交渉を避けるようにと忠告しています。

トリキュラーを飲み忘れた場合
飲み忘れた状況によって対処法が異なります。
「公的(WHOなど)なガイドラインとトリキュラーの製造元であるバイエル(添付文書)とでは厳格の度合いに差があります。
最終的にはどちらが正しいというのではなく、トリキュラーを処方する医師が今までの経験や見解から判断するものであるということをつけ加えておきます。」

・1錠を飲み忘れた場合(飲んだ時間から24時間~48時間未満で飲み忘れに気付いた場合)

公的ガイドラインでは飲み忘れた分(1錠)を気づいた時点で飲み、それ以後は、通常通り飲むとなっています。

バイエルの公式情報では、第1日から飲み忘れた場合は、気付いたときにすぐに飲み、その後、1週間は他の避妊法も加えるよう示唆しています。

・2錠以上飲み忘れた場合(飲んだ時間から48時間以上、経ってから飲み忘れに気付いた場合)

公的ガイドラインによれば、飲み忘れたいくつかの錠剤のうち、その時点に一番、近い錠剤を飲むことになっています。
それ以後は通常通り、飲んでいきます。しかし、7錠以上(7日以上)間をおかず、飲むまでは別の避妊法も併用するとなっています。

バイエルの公式情報では次の生理開始日まで待って、新しいシートの錠剤を飲み始めるように示唆しています。もちろん、その間は別の避妊法で妊娠を回避する必要があります 。

トリキュラー28

28錠入りのシートです。トリキュラー21より7錠、増えていますが、21錠までは全く同一の製剤です。
この7錠、は白色で大きな錠剤で、トリキュラー21でいうところの休薬期間に飲む錠剤です。
といっても、何の薬効もなく、偽薬というわけです。

なぜ、このようなことをするのかと言えば、飲み忘れを防ぐためです。休薬期間を過ぎてしまったのにうっかりして、服用を再開していなかったということにならないようにするためです。
ピルによる避妊はきちんと正確に飲み続けてこそ、うまくいくものなのです。

トリキュラーに関する情報はこちら

この記事の執筆者

宿田 孝弘

宿田 孝弘 ネオクリニック 院長

ネオクリニック院長の宿田孝弘です。私たちのクリニックはとても小さなクリニックですが皆様にとってのコンビニクリニックになれるように努力しますのでよろしくお願いします。